読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずとことりと 

~21世紀の出張絵本屋さん。読んで、歌って、ときどきマルシェ~

2月10日「小鳥のさえずり音楽会」

f:id:suzutokotorito:20170228160149j:plain

「親子でまったり癒しカフェ」
七条大宮のカフェなごみさんで毎月一回開催されているこのイベント。
小さいお子さん連れのお母さんが気兼ねなくリラックスできる場を、ということで生まれたこの可愛らしいスペース。中古絵本&アーユルベーダ石鹸販売でときどき「すずとことりと」も参加させていただいています。そしてこの日は、輝かしい一周年記念スペシャル企画でビオラ奏者の優子さんと「小鳥のさえずり音楽会」をしたのです。
わたしにとってこの日の「小鳥のさえずり音楽会」のひとときが、それは途方もなく、とてつもなく、いまだに信じられない奇跡のような幸せさで、この幸せを自分で受け入れるのにおよそ2週間以上もの時間を要してやっと投稿しようかな、という運びになったくらいの衝撃的な出来事だったということ、誰もご存じないでしょうけれど、やっぱりわたしにとってこの出来事は、天地が引っくり返るような出来事、奇跡の体験そのものだったのです。
ほんとうに、普通に考えて、わたしのようなアマチュア中のアマチュアのものが、プロのクラシックビオラ奏者で大活躍されている優子さんとご一緒に演奏させていただけるって、ありえない。音楽能力の差がありすぎる。「差がありすぎる」それはわたしが音楽を始めてからずっと直面していた現実です。
でもこの日の出来事は、そういう観念からも自由になれるよというメッセージだったのじゃないかと思うのです。
ひとつの曲に取り組む時、わたしの先生とわたしとの差は月とすっぽんほどの明らかさ、マリア・カラスのCDを聞けば、マリア・カラスとわたしとの差は麗峰モンブランと砂利。世紀の才能と努力と運命によって生まれた人類の宝と努力すらしないボンクラ凡人の「差」。最高峰の神々しい存在に魂まで感電するほど打たれ感動する。決して手の届かない憧れに向かって微力を尽くすことが喜びだと思っていました。
存在感の格差。天と地。神と人間。優子さんに出会うまでわたしはわたしの信念によって自分を二極の片方に、重苦しくどんくさい枠に囲い込んでいたのかも知れなかったのです。

でも、どんくさくても二極に偏らず自分位置を真ん中にして中庸に居ればいいのかな。という新しい視点。


奇しくも選んでいた曲のひとつが「Ave Maria」天使がマリアに受胎告知する場面が歌われています。そして秋の優子さんのコンサートでピアニストのマキさんがお話されたことが思い出されました。
「マリアは神の子をを宿したけれども、選ばれたのはマリアが特別な存在だからではない。マリアがごく普通の女性だったからこそ神の子の母に選ばれた。誰もがマリアである。神の子の母になることを受け入れたマリアに祝福があった」そんな話。
「小鳥のさえずり音楽会」までに、優子さんと練習させてもらったり、栗東のStillroomで夢のようなリハーサルをさせてもらったり。神さまが「あんたこんなん好きなんでしょ?」みたいに次から次へギフトを送ってきてそれが好きの極みのポイントをグッサグサ刺してくるので幸せすぎてビビりまくって硬直してました。幸せが怖いんです。わたし。
「小鳥のさえずり音楽会」も、まさしく神さまからのギフト、その一コマ。そしてこの時は、まったりカフェでスタッフのちえさんとなっちゃんがわたしが安心できるように力強くサポートしてくれていて、目の前に、若いママさんたちと可愛い子さんたちがキラキラ輝いて音楽と絵本の読み聞かせを聴いてくれてました。赤ちゃんたちのことは怖くないわたし。そしてママさん。
ママと赤ちゃんのペアにはどうしても自分と赤ん坊だった頃の息子の姿がダブるのです。ものすごく幸せで、ものすごく寂しくて、ものすごく楽しくて、ものすごく怖くて、ものすごく弱くなって、ものすごく強くなった、ママになりたての自分と、小さかった息子。あの時の自分を思い出すと、とにかく寄り添いたいって思うのです。いつも子どもたちにものすごく救われているわたしはこの時もママと可愛い子さんたちのお蔭でド緊張から救われたのでした。
慈愛があふれてとまらない優子さんが神の使いの如くにわたしに手を差し伸べてくださったお蔭で世界の見え方が変わった来たこと。ほんとうに嬉しいし、人生って面白い、と思う。
ご縁を繋いでくれる不思議な空間親子でまったり癒しカフェ。次回は4月に出店させていただく予定です。