すずとことりと 

~読んで、歌って、ときどきマルシェ~

夏のおわりの水

夏休みはおしまい。
息子の学校が始まって、わたしも区切りがついた気分。

脳内で夏の思いでムービーを流して振り返る。
暑い熱い青空の下で大汗かいたなぁ。
仕事仕事で、頭も結構使ったなぁ。

きのう、息子の友だちママにプールに連れて行ってもらった。
そこのファミリーが通っているホテルのプールに。


ホテルのプール最高。

3時半に車に乗せてもらって着いて着替えて5時まで泳いで
ホテルのお風呂に入ってソフトクリーム食べて7時に帰宅。

無駄がない。


サクッと日常にホテルのプールが埋め込まれてる感じが
クールでたまらないのだった。


贅沢な時間のディテールを思い返してうっとりする。

昼間の太陽であたたまった水にひたって体をのばして浮かぶ。

 

水面ギリギリからの視界。
強い風で細かく高く立つ波。
プールの向こうは湖でその向こうに山々が連なり。
空は澄んだ夕暮れピンクに重たいグレーの雲。


閉まる前のプールは空いてる。
オリンピックのイメージを再現するべく全力でクロール。
息の苦しさ!
水の中で、歌うときと同じ感覚になる。
歌ってるときは泳いでる時と同じくらい息が苦しいのだ。

仰向けに浮かんでると楽。
自分の呼吸の音を聞きながら。


息子と遊ぶ。
楽しさの興奮と
水の中にいる不安で
甘い気分になって
小さい時みたいにぎゅうっと
抱き付いてくるのだった。

キャンプとか合宿とか単独参加して
わたしが知らない息子の時間が
この夏沢山あった。

合宿で毎日プールに入ってたらしいから
水着の着替えるのもこなれててお兄ちゃんの顔。

 

水に入ったら甘えん坊。

 

いったりきたりの小3の夏。

 


水から出ると息子が「さむい~~~~!」と言う。


今度はホテルの大浴場で熱いお湯にひたる。
ガラス張り。空と湖と山々の絶景。

 

たっぷりの水にひたひたにひたって潤った。
そんな夏の終わり方。

 

(おまけ)
スマホでネットの「万象学宿命診断」ていうのをやったら
わたしは「水」の要素がゼロだったのだ。
(この占いで「水」って「学習本能」なんですって・・・)
そういう人は疲れたとき
「水」のエネルギーを補充するといいらしい。

http://www.fan.hi-ho.ne.jp/abeshi/banshou/readme.html
(URLリンクしときます。ページの一番下から
生年月日入力画面に行くので興味があればお試しを!)

 

(&追伸)
この記事8月に途中まで書いて下書きに残ったままだったのです。
リニューアル記念にアップしました。

 



 




 

広告を非表示にする