読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずとことりと 

~読んで、歌って、ときどきマルシェ~

混沌の3月。そして、盛り沢山な4月へ。

3月。ものすごい詰め込み方だったです。。。
まず、宇宙元旦といわれていた3月20日の春分の翌日に声楽の発表会があったので
練習練習また練習。曲に向き合い、体のコンディションに向き合い、
集中を高めたい!という意欲をキープしつつ日常を過ごす。


毎回もれなく宿題がついてくる仕事にせっせと通いながら、
絵本ちゃんと虹の絵本やさんのトークショーを聞きにいったり、
「おとなの絵本プロジェクト大阪☆読み聞かせナイト@感動のツギハギ荘」
では写真を撮るお手伝いで参加させてもらったり、子どもの誕生日を祝ったり、
子どもが熱だしたり、
図書ボランティアのお便り作成したり、PTA広報誌の印刷をしたり、
お彼岸に集まってもらったり、
カイロプラティック施術してもらったり、久しぶりの友だちとごはんを食べたり、
4月9日の「ジャズと絵本と古民家ナイト」の打ち合わせしたり。

そうだ。楽しいことで埋まってたのだ。2016年の3月を織りなしていたのは
幸せな時間。熱出した子どもを看病してまったり密着して過ごしたのだって貴重な時間だった。リアル充実、と誇っていいくらい。だけど気持ちは明るいばかりでもなく。

いっぱいいっぱいの混沌のなにから手をつけていいやら常にパニックを背負っている気分だった。処理能力がショートしてるから目の前のことだけしか考えられない。締切というタイムリミットを備えたタスクが背後に乱立してる全貌を見渡す落ち着きも、処理していく計算を立てる賢さも、予め放棄している自分。己の性質の横着さが丸出し件。人生の成功を阻害しているのはこの横着さと甘さと不器用さ。この投げやりなやり方が自分の闇の本質かもしれない。美しさというものを呑みこもうといつも口をあけてる。崖っぷちで強風にあおられて身動きが取れないでいると覆いが吹き飛ばされて現実が明らかになる。壊しているのは自分だという答えを冷ややかに受け取るしかない。

余裕がなくて連れている闇を隠したりしまったりもできないでいるのに、目の前に次々やってくるものは我慢してイヤイヤやってることなど一つもなかったのだった。全部やりたいからやってることなのだった。こうして振り返って並べた一個一個の出来事がそのどれもが、生きていることが嬉しい。と思わせてくれるような時間だった。出来事ひとつひとつに大好きな人たちがからんでいる。
もう真っ黒な横着不器用が悪さしないように。こいつがどれだけ悪いかやっと、やっと、気づくことができた。

目の前にやってくる光が明るくてあたたかくて喜びを照らしてくれた3月が終わる。

発表会で「4月」「4月」と連呼する歌を歌った。その4月がやってくる。

4月もすでに盛り沢山な予感。

明日はさっそくロングドライブにでる。

そして来週末は、椥辻で「ジャズと絵本と古民家ナイト」。

「きょうはみんなでクマがりだ」

きのうは息子の小学校の読み聞かせボランティアの日でした。
去年入学した時から始めて2年目。
2年生の息子のクラスに行くのです。

学期に一回しかない教室での朝読み聞かせ。
貴重な機会なのです。約4か月ごと。

その間にもぐんぐん成長しているみんなに
何を読んであげようか。

毎日聞いてる学校の話。
友だち関係。行事での頑張り。授業の内容。
そんなところから、今、これだな!と思う「おはなし」を
クラスに投げ込むつもりで選書する。

 

「勉強ちゃうもんが来た~!」
「友だちのお母さんが来た~!」


ちょっとした非常事態に子どもたちはハイになっている。
2年の付き合いでみんな顔見知り。
お互い楽しい時間の期待にわくわくして
とっても読みやすい場ができている。

 

楽しみといっしょに、心に残る本との出会いになるといいな。


今、学校では
赤ちゃんから今までの自分の成長の振り返りをして
これからの自分がどうなっていくのかを考える授業をやってます。

毎日宿題で小さいころのエピソードをインタビューしてきたり
赤ん坊のころの写真を持っていったり。

一緒にアルバム見たり思い出を話したりしてると
こちらも感慨深い。

親にとっても有難い授業なので
先生へ感謝の意味も込めて

まず「かみさまからのおくりもの」を選びました。

 

誰もが 生まれたばっかりの赤ちゃんの時に
神さまからおくりものをもらってる。というお話し。

それは「よくわらう」だったり「ちからもち」だったり。

シンプルなお話だけど、これは大人が聞いても
結構しみる絵本です。

 

そして「おくりもの」つながりで

「ハンダのびっくりプレゼント」

 

これどこの国でしょう?

頭にのせてるね~。
フルーツなにかな?

後ろでなんかが覗いてるね。

表紙だけでもたっぷりみんなとやり取りが楽しめる。

アフリカのはなし。

好きなフルーツのはなし。

みんなノリノリに乗ってきてくれるので
絵本をめくりだしても
「え~!?」「あ~~~っ」「おお~!」と
意外な結末まで大変スムーズにすすめることができました。

 

そして最後に読んだのが

「きょうはみんなでクマがりだ」

  
「おくりもの」「プレゼント」ときて
関係ないんだけど、やっぱりこのクラスでこれ読みたかったから。

「きょうは みんなで クマがりだ!」

何度も繰り返すこのフレーズをみんなで声を合わせて言いたい!

迷った末に 朝決めたこの1冊が一番人気だった。

みんなで声だすの快感なんだね。

元気な声が合わさって可愛いったらなかった。

心がホカホカ。
学校の読み聞かせはほんとに楽しい!

 

 

 

 

「飛びたて!ことり文庫」

実験的にやってみました。「飛びたて!ことり文庫」。

これって、本がどうだということより、
自分の内面に何が起きるかを観察することのほうが
むしろ興味深い結果になった。
そんな体験になりました。

 

きっかけになったのは、先月末で閉店されたカフェ
「はる色の庭」さんのクローズイベント「風呂敷フリマ」でした。

「はる色の庭」さんはわたしにとって、たくさんの素敵なご縁に
出会うことができた宝物のようなカフェ。残念ながらの閉店。
それならば、せっかくのクローズイベントで
ここから始まって繋がって広がっていく生きた何かがしたい・・・。

脳裏をよぎったのは「わたり文庫」。

 

【「わたり文庫」とは・・・。】
わたしが熱心熱心♡に愛読しているブログ
いばや通信」の坂爪圭吾さん発案の循環型図書館。
「人に押し付けてでも読んでほしい本」を次の人に回し続ける。
返却の必要は皆無で、本を通じて何かしら
新しい形でのコミュニケーションを実現していく。
というものです。

 

 

わたり文庫」に深く共鳴している私が
「人に押し付けてでも読んでほしい本」を提供して、
その本たちを「はる色の庭」さんから飛び立たせよう!
そしてアイディアは完全に「わたり文庫」さんのものだったですが、
今回は私自身の責任の範囲でやりたく思い「すずとことりと」の企画として
「飛びたて!ことり文庫」と名前をつけました。

 

f:id:suzutokotorito:20160217152153j:plain

 

 

【やってみて・・・。】

「本を人に渡す」
思っていた以上に面白い体験でした。
好きな本を人にすすめるのって
内面を見せるのと同じなのです。

ちょっとした勇気が要りました。

そして、受け取ってもらうことで、
自分を受け入れてもらった感じがしました。

 自分の内面を見せるって少しのことでもちょっと勇気がいる。

フリマの会場で次々やってくる初めて会った人に
「無料で本をお渡ししてます。」
「読み終わったら次の人に廻してくださいね。」
とかって、
ちょっと変わったことを言い出すのも勇気。

でも勇気を出して心を開いたところから人との共感が生まれると、


嬉しかったのです。


かなりの幸せ。
ナマのリアルな嬉しさ。

さすがに「はる色の庭」に集まる人たちだけあって、
やってくる人たちは
なんとなく、もともとどこか気が合いそうな方たちで
持ってきた本もそれほどピント外れということもなく
おススメできたのは幸運。

「この場所、この時」のタイミングだからこそ、
成り立った企画かなあ。と
思った次第です。


ほんとに嬉しそうに受け取ってもらったり、
「普段ぜんぜん本読まないけどこの機会に挑戦してみます」って
言ってもらったり
半ば押し付け気味だったりしたのもあるけど、

みんな笑顔でした。

それで最後には持って行った本は全部飛び立っていったのです。

大昔に読んだまま家に置きっぱなしだった本が、
今この時に自分にリアルな幸せを感じさせる。


持っていく本を選ぶとき、また読むかもしれないから~と
迷ったものもありましたが、
本棚で静かに眠っているようだったのに
大勢の人の目に触れて読まれるチャンスを得て
息を吹き返したかのように見えた本たち。

 

手に取ってもらった本から、いろんな会話が生まれた。


誰かに本を渡すっていう小さな出来事が内面にリアルな感情を立てる。

自分が感動した本をほかの人も感動してくれるかどうか。

そして受け取った人が感動してくれたら・・・。

その人がまた、その人の想いを持って次に読んでほしい人を
思い浮かべて渡してくれたら。

そうやって本が想いをのせて人と人をつないでいったりしたら・・・。

人に渡すのに勇気がいる時もあるかもしれない。

本が廻って行くことで
その人の心の小さな壁を破るチャンスが生まれたりする。
かもしれない。

なんだか、小さな奇跡!

小さい奇跡の種を蒔いたのかも。

「『飛びたて!ことり文庫 』この企画に賛同します。
本で人と人とが豊かに繋がっていく。
大きな社会の波になればすばらしいですね!」
と本を受け取ってフェイスブックにコメントしてくれた方がいます。

「大きな社会の波になる」
それいいなあ。いいなあ。

ということで、これからも機会があれば「飛びたて!ことり文庫」
またするかもしれません。

いつかどこかで。

3年前。そして、今年の抱負は「壁を崩壊させてみる!」

今朝のフェイスブックに「あなたの3年前」ってお弁当の写真がでてきた。

f:id:suzutokotorito:20160110155545j:plain


週一回、キャラ弁を作るのに謎に張り切って5時起きしてました。(5時に起きてコレなの?)
だるまちゃん・・・。
おっくんはだるまちゃんが大好きで特に気に入ってたのが

 

「だるまちゃんとかみなりちゃん」


「だるまちゃんととらねこちゃん」

 

自分で選ぶときはこればっかりもってきた。
あと、たぶん一番たくさん読んだのは同じ加古さんの


「あなたのいえ わたしのいえ」

何回も、何回も、何回も~!読みました。
そんなに熱心に絵本探して集めたりしてなかったから
家にある選択も限られてたのかもねえ。

 

・・・もったいない!!
3年前の自分に言いたい!
「絵本の世界にどっぷり浸かれる夢の時代は旬があるよ~!」
「期間限定だよ~!」
「宝のような名作がいっぱい いっぱい いっぱい ありますよ~!」

読み聞かせの黄金期幼稚園児時代。
寝る前の絵本タイムを素直に喜んでくれたのになあ。
今は絵本より攻略本を寝床に持ち込んで眺めまわしています。。。

図書館にはしょっちゅう行って手当たり次第に借りてたけど
おっくんが選ぶのは「恐竜」「虫」「化石」「生き物」「妖怪」・・・。
絵本コーナーより科学コーナーの写真本か重たい図鑑ばっかり。

お話しの絵本をじっくり探してもいられなかったんだよね~。

 

3年後には「絵本セラピスト」になってるなんて想像もしていなかった。
家の絵本が300冊になるなんて・・・。(売る分別で。)

 

そして・・・

今年のお正月も新しくすてきな絵本たちと出会ったわたしですが
おっくんが本屋さんで見つけたのはコミックでした。

 

とびだせどうぶつの森 はりきり村長イッペー」

 

前から「コロコロイチバン!」の別冊付録の冊子に載ってたこのマンガを
50回くらい繰り返し読んでたので、コミックが出ていることを教えたら・・・。

お年玉で既刊1~3巻全買い即決☆
そんでゲラゲラ笑いながら読んでました。(のび太みたく・・)
笑いすぎて転げまわってお腹が痛いとか言って。


おっくんのツボは

「トイレ」とか「おしりで本を挟む」とか「ハチに刺される」とか。


大人のわたしには全然面白くもなんともないの!

でも、


「わあ~~~~!年賀状間に合わない~!」
「イッペー村長どうしたの?」
「一億書こうと思ったけどまだ800枚しか書けてない~!」
「え~、それに村長、字が間違ってて おけましてあめでとう になってるよ!」
「それに、なんなの~、この気持ち悪いイラスト!」

っていうエピソードにちょっと「ふっ」って口元がゆるんだところ
「ママっ!笑ってる!ママっ!笑ってる!」って喜ばれてしまった。

そんなお正月でした。

 

お正月と言えば
おっくんとパパがテレビで録画した「蛇拳」を見てて
わたしは近くで洗濯物とかたたんだりして音だけ聞いてたんです。


そしたら
「身に付けた技は人の前で気軽に披露すること」って聞こえたのです。


(ほんとは映画で言ってたのは 

「やむを得ない時以外は技を使わない」だったらしい。意味反対・・・。)


その言葉が、ちょっと啓示的に刺さってきた。

「あ~、この言葉、宇宙からのメッセージやわ~。」
って思いました。


私の心にあるブロックのひとつ。
「人前でなんかする。ことへの抵抗」
昨年1年でこのブロックがガラガラに崩れる体験を重ねたけど
まだまだ。

「あ~、わたし、今年は身に付けた技。
歌と読み聞かせを 気軽に披露して行こう」
と思いました。

下手でもいいし。


宇宙がメッセージ送ってきたってことは
下手なんは許すって言う意味なんやから。
場数踏めってことやな。きっと。
そうやって実践積んで上を目指して行けってことやん。
わたしはそう、受け取ったよ!


というのも、最近スマホのブラウザ開くと飛び込んでくるのは
「ブロックバスター」の記事。
何か、すごい多いなあ。と思ってて。
ブロックバスターさんのブログとかも読んでみたりして。
「ブロックバスター=心の壁を壊す」
お金を受け取ることへの心の壁 とか
愛情を受け取ることへの心の壁 とか
人に甘えることへの心の壁 とか。
壁にもいろいろあって、その壁は壊して無くせますよ。ってメッセージ。

よーく よーく 分かる。
私なんか20歳の頃、ゼミの先生に「君は心に壁があるね。」って言われていて以来
27年間「壁って何?」って考え続けてきたんだから。
その頃、秘密のノートに さまざまな壁のイラストとか描いて研究してたんやから。
いろいろある度に「心の壁」ってこれかな?これかな?これかな?て。
そんな人生でした。


最近、そんな壁を壊してくれるなんて便利な人が現れるようになったりして
壁の正体とかも明快に説明してもらえたり。
壁に光が当たってきた感じです。
闇の中でひとり手さぐりしていたことを考えると、時代はほんとに進化してます。

ということで、自分でこれかな、と思う壁はどんどん崩壊させていく
そんな一年にしたいな。と思います。

まずはすぐ目の前のことから・・・。


まだまだ壁に囲まれてるわたしですが
「絵本よんで~」とか「歌ってみて~」とか言ってもらえたら
とても救いになります。
お会いできた際には、気軽にふってみてくださいね!

2016☆あけまして おめでとうございます

みなさま 新年あけまして おめでとうございます

 

青空の澄んだ 清々しく あたたかい お正月になりました。

 

いつも楽しみな年賀状も受け取りました。

一年に一度の近況報告の機会となっている懐かしい方たちから届く

メッセージについ頬がゆるんだり、フレッシュなニュースに

「おお!」と声を上げたり。

そして、こちらからは「ブログみてね~」と書いたものの

更新できていないかたじけなさに脇汗が・・・。

ということで、年も改まり、心も新しく新年のお知らせをいたします。

 

 

*******2016年 発表会のお知らせ*******

声楽の発表会があります!

3月21日(祭)

場所 京都市北文化会館(地下鉄烏丸線北大路駅1F)

時間は未定ですので決定後またお知らせします。

 

今回のテーマは「完成度」

ありのままの自分。それから、自分のルーツに忠実に。

わたしにとっては「声」が自分の「芯」なのかも知れない。

 

「北大路バスターミナル」は

十代の頃から街へ出かける時の中継地点。
ビブレとかできる前の

北山からの風が吹きすさぶバスターミナルは

出かける時の期待感と帰る時のその日の出来事を胸に持ち帰る

自分の思いを抱えて佇む場所でした。


「原点」みたいな場所。


まとわりつくものをはがして

「原点」とか「ルーツ」とか「芯」とかに忠実になれたらいいなあ。

今回の曲は「速い」です。
「はやくてみじかいのをおみまいするぜ!」という感じです。
それと、とてもロマンチックで華やかなのとのカップリングです。


楽曲の魅力にすべてのパワーが宿っているので自分はなんにもしなくていい。
自分はいるだけでいい。
そんな風になれるために、今日も横隔膜を震わせる訓練を頑張りますね。

今年もよろしくお願いします!

f:id:suzutokotorito:20160103115504j:plain

 

「絵本好き、集まれ~!」 9月12日(土)SUNSUNフェスで会いましょう♡

f:id:suzutokotorito:20150909234956j:plain

週末は、梅小路公園でSUNSUNフェスに出店です!

 

「太陽のおまつり SUNSUNフェス 2015」って何?

 お母さんが始めた、お母さんのお祭り♪
 昨年、第一回が大盛況だったそうです。

 そして第二回目が今週末。出店数は100を越え、講演会、ワークショップ、

 野外ステージと盛りだくさん。広い梅小路公園がたくさんの人で

 いっぱいになりそうです。

 一年でこんなに急成長ってあるんだ。すごくびっくりしてるのですが・・・

 これが「お母さん」のパワー☆

 お母さんってね、ほんとにすごいんだよ。

 太陽。

 それは愛の力、としか言いようがない。

 お母さんたちの 可愛い、楽しい、嬉しい、気持ちい が
 ぎゅうぎゅうに詰まったお祭り。

 「可愛い」「楽しい」っていう気持ちで
 たくさんのお母さんたちがつながるって素晴らしいこと。

 さみしく疲れている場合じゃない。

 ワクワクドキドキしよう!
 子どもや、家族や、友だちと一緒に 笑おう!

 それが生きる力になる。
 一歩を踏み出す勇気になる。

 わたしは、集めた絵本をどかーんと並べますよ。

 読み聞かせを楽しめる厳選絵本。

 みんなで絵本で遊べるフリースペースも作りますよ!

 読み聞かせもします!

 遊びに来て下さる絵本好きの方は
 ご自分のお気に入りの絵本を ぜひご持参ください。

 好きな絵本読み合いしましょう♪
 絵本について語り合いましょう♪

 お祭りだから、自由に 楽しく 

 絵本をたっぷり楽しめる一日にしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

「にちようびのばら」~「こころにひをつけて」~「絵本ちゃん」

にちようびのばら にちようびのばら
作・絵:松成 真理子出版社:白泉社絵本ナビ

さあ、「絵本ちゃん」で絵本を買おう!

選んだのは 松成真理子さんの「にちようびのばら」。
絵本雑誌「MOE」に載っていた時読んで感動して 
いつか手に入れようって思っていて
それに「じいじのさくら山」(白泉社)は絵本セラピーで
なっちゃんが読んでくれたし
学校のボランティアで「まいごのどんぐり」(童心社)読んで
すっごく良かったし
松成先生のファンになってたから。
「これ、これ、これにしよー!」って。
それで家でゆっくり読んでみたら、これを「絵本ちゃん」で買ったの
偶然じゃないな~~~って。
庭のばらが目を覚ますと 家にだれもいなくなっていて
引っ越してきたのがサンディーさん。
という おはなし。
これって 「灯りをともす」 ってことかなあ・・・。
なんとなく思う。

「一度消えた灯りをともす・・・」

って ハッ! それまさしく「絵本ちゃん」やん!

「絵本ちゃん」の谷さんは廃校になった質美小学校を生き返らせた張本人。

賑やかだったであろう小学校にだれもいなくなった後、
谷さんがやってきて  「絵本ちゃん」を開いた。
お店が増えて、再び人が集まってくるようになって
新しい出会いが生まれる場所になってる。

自然の懐に抱かれているような立地。
空と緑に包まれて ゆっくり深呼吸したり 太陽の光を感じていられる。
休日をゆっくり過ごせる場所。

「にちようびのばら」と「絵本ちゃん」を訪れた一日が見事に重なった!

そして!
行きしの運転中にラジオでかかって「気持ちええなーっ」って思ったのが
山下達郎の「ライド オン タイム」(心に火をつけて)だった!!!
ん~、これはメッセージ?
わたしは昔から「偶然は偶然ではない(必然)」と信じてるから
この意味を深く受け止めるよ。

「灯りをともす」なんて言葉はこの絵本の中にないんだけど
空き家に引っ越して生活を始めた時につける灯り と
あるきっかけで、余裕がなくなって閉じてしまっている心が動く瞬間って
灯りがともるみたいだなあ。という連想。

「絵本ちゃん」のある場所って やっぱり 
引き寄せられるような何かがないと
なかなかわざわざ行けるところにじゃないんだけど
それでもやってくる人はきっと 
心の灯りがともるのを 感じるんじゃないかな。
素敵な出会いが生まれることを あの場所の自然や空が喜んで 応援してる。
そういう気がする。
生きている命がお互いに とても素敵に 循環する。

自分の存在、持っているもの、能力やら感覚やら が 「生かされる」幸せ。
建物も ものも 本も 人も 生かされる ことを きっと喜ぶ。
一度 消えたから 再びの命が 際だって 感じられるのかな。

「絵本ちゃん」。とても特殊な 特別な 場所。
可愛さと 谷さんの面白さ で すっごい いい味になってるところが
また最高。

でも実は 谷さんとも ホホホ座さんとも 話したことは 
あまり明るい話ではなかった。
それに「絵本ちゃん」の前日は 「大人に絵本ひろめ隊」の講座に参加してて 
その時 たっちゃんから出版不況の深刻さについての話もあったばっかり。
書店員15年の間に愛する職場の閉店を何度も経験しているわたしには 
本を扱って続けていく厳しさ(経営的な)がすごくよく分かるので
「絵本ちゃん」が ただ 可愛くて素敵な お店 というだけの場所じゃない。
ということもよく分かる。谷さんの頑張りが半端ないということが。

「絵本ちゃん」と ほかのお店の素敵なバランス 環境との調和。
なにをとっても 奇跡!としか思えない、この場所がさらにさらに
素晴らしい ミラクルの発生を 広げていくのを見たいし 参加したいです。

「絵本ちゃん」が 気になる人は 迷わず駆けつけてほしいと思います。

人が集まって 「絵本ちゃん」が みんなのものになることが
「絵本ちゃん」という場所が生きていく エネルギーになるから。


「絵本ちゃん」と、そして「絵本ちゃん」が育ったお母さんのような存在の
「えほん館」♡ 
今より もっともっと たくさんの人のものになりますように!

生き生きと喜びが循環する場に もっともっとなりますように!


灯りのともった心で願います!